ニコニコニュース

話題の記事

歌、踊り、バトントワリングなど多彩なパフォーマンスで魅了する「えんり」が動画投稿のきっかけや将来のビジョンを語るetc… 『週刊ニコニコインフォ 第28号』レポート

 今のニコニコを伝える、今後のニコニコについてみんなで考える番組『週刊ニコニコインフォ』。
 28回目の放送では、司会に百花繚乱氏、運営から栗田穣崇氏、ピックアップゲストにはえんり氏が登場。

 ゲストのえんり氏は、歌、踊り、バトントワリングなど多彩なパフォーマンスを披露する動画を投稿しています。彼女がニコニコを知って踊ってみたを始めたきっかけや、モーションキャプチャー技術を駆使して初音ミクと踊ってみたコラボした秘話など伺いました。

 他には、直近で話題になったユーザー投稿動画や公式生放送の紹介、「Nアニメ運営生放送」パートではニコニコのアニメ関連情報を大きく紹介しました。

左から、司会の百花繚乱氏、リモートゲストのえんり氏、ニコニコ代表の栗田穣崇氏

ニコニコで今話題の公式生放送&ユーザー投稿動画

 番組は、ニコニコで今盛り上がっているコンテンツを紹介する『あつまれ!ニコニコ盛り盛り』からスタートとなります。

 この1週間で話題になった公式生放送としてピックアップされたのは、1月22日に放送された報道番組『「西村大臣、尾身会長出演 緊急事態宣言からの脱却 その戦略とは』。
 この放送は、1月7日に2回目の緊急事態宣言が発出されてから2週間が経過したタイミングでの会見の様子で、ちょうど放送日の夜に、栃木県での緊急事態宣言解除や、東京・大阪など10の都府県では来月7日まで延長されることが正式に決定したことを伝えました。

西村大臣、尾身会長出演 緊急事態宣言からの脱却 その戦略とは」を番組中に紹介

 コーナーで紹介したコンテンツは以下の通りです。

・ミュージカル『刀剣乱舞』五周年記念 壽 乱舞音曲祭 公演記念上映会 ミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭2017~
https://live2.nicovideo.jp/watch/lv329614576

・月刊 あんさんぶるスタジオ!!新年特別号
https://live2.nicovideo.jp/watch/lv329856280

 『月刊 あんさんぶるスタジオ!!新年特別号』を紹介する際には、担当者から寄せられたメッセージも紹介しました。

番組担当者:
 今回の出演者は『あんさんぶるスターズ!!』というゲームの主役ユニット 「トリックスター」のメンバー(声優)が勢ぞろいで、 『月刊 あんさんぶるスタジオ』では初の試みで大変注目度が高いです。

 また、柿原徹也さん・前野智昭さん・森久保祥太郎さん・梶裕貴さんのゲスト自体も人気のある声優さんなので『あんさんぶるスターズ!!』を知らない人でも声優さんに興味がある方ですと十分楽しめるバラエティー番組になっております。

 とくにプレミアム会員限定コーナーは約束された抱腹絶倒がございますので腹がよじれるほど笑いたい人は550円のプレミアム会員費用をお支払いいただいてもおつりがくるぐらい楽しめます。

 続いて、ユーザーのみなさんからTwitterで寄せられた動画の中から、『【一応女子だが】Hoodstar 一人で歌ってRapしてみた【Ay.】』を紹介。
 ここでは、高速で難易度の高いラップを一人でこなす「Ay.(あい)」さんの歌唱スキルに大きな拍手が沸き上がりました。

【一応女子だが】Hoodstar 一人で歌ってRapしてみた【Ay.】」を番組中に紹介

 他に紹介したユーザー動画は以下の通りです。

・【ギター】ゆるキャン△SEASON2 ED/はるのとなり Acoustic Arrange.Ver 【多重録音】
https://www.nicovideo.jp/watch/sm38121305

 さらに、ユーザー投稿動画の中で最近盛り上がったものをピックアップ! 今回は「ネタを挟まないと死んじゃう病」「異色演奏シリーズ」「東方手書き劇場」タグなどを中心に紹介しました。

 「ネタ曲投稿祭 ~2021 spring~」を紹介する際には、制作者「子牛」さんより寄せられたメッセージを紹介しました。

子牛さん:
 2月20日土曜日、200名を超えるボカロPからネタ曲が一斉に投稿されます。軽いノリで始めた企画ですが、ボカロPのSLAVE.V.V.Rさんが冗談で「賞金が出る」と適当なことを言ったところ、なぜかスポンサーが集まり、本当に賞金が出ることになりました。意味がわかりません。ぜひ参加や曲巡回をよろしくお願いします。

ネタ曲投稿祭 ~2021 spring~」を番組中に紹介

 他に紹介したユーザー投稿動画は以下の通りです。

・【電卓演奏】恋 / 星野源を電卓12台で演奏してみた
https://www.nicovideo.jp/watch/sm38065720

・【第12回東方ニコ童祭Ex】心深礁第1話【東方手書き劇場】
https://www.nicovideo.jp/watch/sm37955061

【電卓演奏】恋 / 星野源を電卓12台で演奏してみた」を番組中に紹介

多彩なパフォーマーえんり氏がゲスト出演!

 今週のゲストコーナーには、歌や踊りやバトントワリングなど多彩なパフォーマンスを披露する、えんり氏がリモートで登場しました。

──前回ゲスト、週刊歌らん作者さんより質問です。踊る曲はどうやって選んでいますか?

えんり氏(以下、えんり):
 基本的には流行りの曲をサーチして、その中から「踊りたいな~!」と思うものを選んでいます。
 他にも「かわいいな~」と思う衣装を先行して選んで、この衣装で踊れるものはあるかなと曲を選ぶこともあります。

──ニコニコを知ったきっかけを教えてください。

えんり:
 ボカロからです。当時小学校で「千本桜」がすごく流行っていて、みんな歌ってたので、「どんな曲かな?」とネットで調べてみたところ、ニコニコにたどり着きました。

──そこからどのようにして踊ってみたに繋がったんですか?

えんり:
 先生と僕のお2人が「六兆年と一夜物語」を踊っている動画に偶然出会って、ボカロに踊りが付くこともあるんだ!と知りました。
 そこからいつか踊ってみたいな~という淡い気持ちが大きくなっていった感じですね。

──自分の投稿した動画で思い入れの強い作品は?

えんり:
 『林檎売りの泡沫少女 歌って踊ってみた』です。これはニコニコ超会議2019の超踊ってみたライブに応募して出演が決まった時の動画で、私にとっては思い入れの深い動画です。
 はじめてバトンを踊ってみたに取り入れてみた動画でもあります。どうせなら歌もうたっちゃえー!と歌もうたっています(笑)。

【えんり】林檎売りの泡沫少女 歌って踊ってみた【即興バトン】」を番組中に紹介

──自分が投稿したもの以外で印象に残っている動画は?

えんり:
 まずは、踊ってみたを揺るがした市川の『【3人で】ポジティブ☆ダンスタイム踊ってみた』です!
 市川とは同じ名古屋出身でダンマスで知り合ったんですけど、動画でしか見たことがなかった市川から「えんりちゃ~ん!」って声をかけてもらったことをきっかけに仲良くなりました。

──そんな市川さんからメッセージが届いています。

市川:
 立春の候、えんり様におかれましてはますますご清福にお過ごしのこととお喜び申し上げます。ダンス練の後にカクテル1杯で酔っ払ってゲラゲラ笑いながら帰った日々を懐かしく思います。方向性全然ちがうけど切磋琢磨してがんばろうな!

えんり:
 がんばろうな!

──もう一つ、印象に残っている動画があるんですよね?

えんり:
 もう一つの動画は、『【ニコニコラボ】Blessing【SINGERS ver.A】』です。
 今では当たり前になってますけど、当時リモートでコラボするってすごく難しいことだったと思うんですよ。ニコニコで活動しているみんながコラボするということが私にとってはすごく衝撃的で思い入れのある動画ですね。

【3人で】ポジティブ☆ダンスタイム踊ってみた【市川 feat.ウナマリオネット】」を番組中に紹介

──動画を投稿しようと思ったきっかけは?

えんり:
 最初はニコニコに視聴者側として入り込んでいたので、踊ってみたから本当のアイドルになったグループのファンをしていたんです。
 そのファン仲間から「一緒に踊ってみた投稿してみようよ!」と誘ってもらったのがきっかけで、勇気を出して投稿してみました。

──最初は踊り手になろうという意識はなかった感じなんですね。

えんり:
 もともと楽しみたくて始めて、ちょうどその頃に「OAD」という踊ってみたイベントの募集があったんです。「どうせ受かるわけないけど私も応募してみよ!」と思ってエントリーしてみたら受かっちゃって! そこでステージに立ってからは「踊り手ってこんな感じなんだ!」と踊り手としての意識を持つようになりました。

──リアルイベントへも参加されていますが、参加された印象はどうでしたか?

えんり:
 初めて行ったイベントが2017年の町会議でした。まだその頃は踊り手もやっていない普通の高校生だったので、家で「バタフライ・グラフィティ」を死ぬほど練習して行きました!
 休憩時間に足太ぺんたちゃんを「あ!本物だ!」って見てたら「写真撮る?」って優しく話しかけてくださって、もう本当に感動しました。

──超会議も参加されていますよね。

えんり:
 超会議も2日間参加させて頂きました。その時に初めて即興でバトンを回すというパフォーマンスを人前でやらせて頂いたんですよ。
 すごく緊張して、落としたらどうしようと思ってたんですけど、最初にバトンを高く上げてキャッチした時に客席から「うおぉー!」って歓声があがったんです! それでテンションが上がって、「これ行けるわ!」って思いました!
 客席からの反応を直に受け取れたのがすごく嬉しかったです。

──普段の振付は即興ではなく考えてから挑まれていますか?

えんり:
 バトンに関しては即興でやっています。
 なので、振付を考えたり覚えたりする時間が必要なく、「今日、天気いいから踊りに行こうかな」と取り組めています。

栗田:
 逆に「あの踊りもう一度やって!」って言われた場合はどうなるんですか?

えんり:
 無理です!(笑)
 場所や足場のコンディションなんかでも振付けは変わってくるので。

──ミクさんとのコラボ動画「【初音ミクと】惑星ループ モーキャプで踊ってみた【えんり】」もありますが、あれも即興ですか?

初音ミクと一緒に惑星ループを踊るえんりさん
【初音ミクと】惑星ループ モーキャプで踊ってみた【えんり】 より)

えんり:
 あのモーションキャプチャーも即興です!

──ミクさんとのコラボいかがでしたか?

えんり:
 ミクさんは実在するんですが、隣で踊るとか難しいじゃないですか。踊っているときも隣にミクさんを感じられるわけではないですし。
 でも完成した動画を頂いた時、隣でミクさんが踊ってるんですよ! 「私、一緒に踊ってるやん!」って感動がすごくて涙が出ました。
 ずっと夢だったんですよ。コラボすることが難しい相手と一緒に踊るということが。私にとっては「不可能」に近い夢だと思っていたので。

──初音ミクとのコラボに至った経緯は?

えんり:
 これも実は市川なんです(笑)。
 名古屋でモーションキャプチャーなどをやっているmobiusPさんという方がいらっしゃるんですが、その方と市川がアイマス関係で通じていたんです。
 ある日、市川から「ちょっとえんりヒマ?」って連絡があって、「今モーションキャプチャーの撮影してるから来てよ!」って言われて撮影現場に遊びに行ったのがきっかけです。
 そこで市川が「バトンのモーションキャプチャーやったら絶対面白いよね!」って言ってくれて。

──ニコ生を続けるモチベーションは?

えんり:
 やっぱり流れるコメントは私にとってモチベーションです。ニコニコっていろんな角度から動画を見て頂けているということが瞬時に伝わるツールだと思うんです。「そういう見方があるのね!」って新たな発見になったり。

 それこそ、夜の撮影で「バトンが見えにくい」「光ればいいのにね~!」というコメントを見かけたことが、今使っている光るバトンに繋がっています。結局、探したけど光るバトンって売ってなくて、これバトン会社の方に作ってもらってるんですよ(笑)。

──嬉しいコメントなんかはありますか?

えんり:
 「え? これ歌も本人なの?」なんてコメントが来るとニヤニヤしますね。

栗田:
 ダンスは昔から習ってらっしゃるんですか?

えんり:
 バトンだけでダンスは習ったことがなくて、今はミュージカルの大学に通っているんですけど、大学のジャズダンス授業で初めて習うようになりました。

──えんりさんの将来的なビジョンってどんなものなんですか?

えんり:
 少し迷走しているんですが、将来的には歌をもっと伸ばしたいと思っています。
 将来の夢としては、いつかアニメ主題歌をうたってみたいです!

──えんりさんにとって毎日行きたくなるネット上の場所ってどんなところですか?

えんり:
 少し前ってインターネット上で顔出しして何かを発信していると、引かれるところもあったかと思うんですが、最近ではリモートも当たり前になっているので、みんなの発信したい、これがやりたいという気持ちと、受け止めてあげたいという気持ちが一つになる場所があれば、もっとニコニコできるんじゃないかと思っています。

次々回のゲストは、ボカロ曲など音楽を制作している柊マグネタイトさんが出演

約3ヶ月に1度のお楽しみ「(Re)Nアニメ運営生放送」!

 約3ヶ月に1度のお楽しみ「Nアニメ運営生放送」コーナーでは、今回も担当者を招いてニコニコのアニメについてたっぷり話を聞きました。

 コーナー後半には、担当者イチオシ作品『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 』『ゆるキャン△ SEASON 2』、さらにMC百花繚乱氏の推し作品『回復術士のやり直し』、栗田氏の推し作品『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』がニコニコで配信されていることを紹介。

 さらに、『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 』、『五等分の花嫁』の特番予定があること、『ボボボーボ・ボーボボ オンラインイベント』の開催予告や、2月のプレミアム限定動画ラインナップも告知しました。

・「ニコニコのアニメ総合情報サイト:Nアニメ」
https://anime.nicovideo.jp/

・Nアニメ&ニコニコアニメ公式Twitter
https://twitter.com/nicoanime_PR

・アニメ生放送(一挙放送 放送予定)
https://anime.nicovideo.jp/live/reserved-ikkyo.html

(了)

番組インフォ

 『週刊ニコニコインフォ 第28号』の視聴はコチラから。アカウント登録不要でどなたでもタイムシフトを視聴できます。(スマートフォンから視聴する場合、ニコニコ生放送アプリのインストールが必要です)

 次回の週ニコは新企画を予定。『週刊ニコニコインフォ 第29号』の番組の予約はコチラから。

 番組ではユーザーのみなさんからも「取り上げて欲しいこと」を募集しています。
 Twitterで「#週刊ニコニコインフォ」のハッシュタグをつけて投稿してください。自身で投稿した動画や生放送やイラストなどについては、さらに「#参加」のハッシュタグもつけて投稿すると、番組で紹介されるかもしれません。


■週刊ニコニコインフォの記事一覧
https://originalnews.nico/tag/週刊ニコニコインフォ


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ニコニコ全般」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング